From QuickBuf to DumbBuf

こんにちは。サーバの標準エディタを emacs にしたあげく vi を emacs のシンボリックリンクにした方とは、それ依頼お話していない vimmer です (嘘。今もっすご興奮しています。1 年ぶりに vimfiles の中身が更新されましたよ!

複数ファイルを同時に編集するときはバッファーを一覧表示したり、簡単に切り替えたりするバッファーマネージャ系プラグインがかかせませぬ。今までは QuickBuf というプラグインを使っていました。ただ、QuickBuf は表示できる行数を計算し、その行数を超えるファイル数を開くと "No room to display buffer list..." っていうエラーが発生する難点がありました。脳内メモリが少なすぎてファイル名が覚えられないし、バッファー内から補完もしたい。args *.py で 50 ファイルぐらい軽く開いちゃう人なのでそれは困る・・・。そこで出会ったのが DumbBuf です!これすごいですよ!!インストール後、QuickBuf 同様、_vimrc に dumbbuf_hotkey を指定します。例) let g:dumbbuf_hotkey=';;' これで快適なバッファーマネジメントができるようになりました。

ホットキーに割り当てたキーマップをタイプすると、バッファーが一覧表示されます。

ここまでは Quick Buf と一緒です。QuickBuf と異なるところは、バッファ内のファイル数が 10 行を超えると、自動的にローテートしてくれます。もちろん j, k で選択行を上下、<c-f>, <c-b> でページ送り/戻しができます。ページ送りだけで、ファイル選択が断然楽になりましたね!

あと、普通に / でファイル名検索もできますよ!

これさえあれば 100 ファイルぐらい開いても、お望みのファイルに一瞬でたどり着けますね!!!痒いところに手が届きすぎです>< 作者の id:tyru さんありがとうございます!

コメント

このブログの人気の投稿

Python から Win32 API 経由で印刷する

Disqus のスケール - Django 編

財務諸表 (Financial Statements)